12345>|next>>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2020.01.31 Friday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

8/29 東京 くもり

新宿発10:42成田エクスプレスで出発。車中でアイスクリーム。
早めにチェックインをしてスクリーン前の足を伸ばせる席を確保した。


コリアンエアーは14:55予定通りに出発。すぐに眠くなるが、機内食のビピンパを食べると目が冴えてしまった。

 一睡もできなかった機中で山口瞳「男性自身・中年編」読了。L.Aに予定より20分早く到着。

出発前に書いた街道通信の原稿に誤りがあったことを機内で気付き、空港から電話を掛けようとするがコインを持っていないので、10ドルもするテレフォンカードを買ったのだけれど、使い方が分からず結局両替する。


トランジットで4時間。とても眠いが一人では熟睡するわけにもいかない。
アエロメヒコの小型機に乗り込むとすぐに寝てしまう。食事で起こされたが食欲なく頭はくらくらしている。パスタに少し口をつけただけで再び眠り、夕暮れのメキシコシティーに到着。

あちこちの時差とサマータイムで時間の計算がまったく分からなくなっている。日本を出てからどのくらい経っているのだろう。

夜になって雨が降ってきた。予定より40分遅れて22時、さらに小さな飛行機に乗りチワワへと向かう。窓からはメキシコシティーの街灯りが美しく広がっている。機内で大きなハムチーズパンとコロナビール。

23:30チワワ空港到着。小さな空港を出るとライオネルリッチー似のタクシー運転手にホテルを告げ、真っ暗な自動車道を街へと向かう。暗い窓からは禿げ
山と荒れ地が見えるばかり、郊外からようやく街に入ったと思われるあたりで、インターネットで予約しておいたホテルに到着。

予想以上に小さな安宿で少々心配。近所には食事するところもなさそうだ。楽しみにしていたシャワーはお湯がでない。テレビでは以前に襲ったハリケーンディーンの映像。サッカーを見ながらすぐに熟睡。

続きを読む >>

8/30 Chihuahua 晴れ 8本

 7:00目覚めるもまだ暗い。7:30朝食のため散歩にでかけると、ここが中心地に近く市場のそばだったことを知る。

雲間から朝日が射し、水たまりが輝いている。たくさんの人々が街に向かって集まってくる。この街なら写真が撮れそうだ。
カテドラルまで行くと丁度鐘が鳴り響き礼拝が始まった。僕も紛れて中に入り、頭をさげこの旅の無事を祈る。
ニンジンとグレープフルーツの生ジュースを買い、部屋で昨夜シティーの空港で買っていたハムサンドで朝食。

食後ふたたび街へ出て撮影開始。フィルムは進むのだが、異国の雰囲気に撮らされているだけのようで手応えがない。
街を離れ昨夜タクシーの中から見えた禿げ山の方へと、ひたすら歩いて行く。
陽射しが強く、首筋がヒリヒリする。禿げ山の異様な姿はまるでボタ山のようだ。その麓にはあまり豊かではない集落が、懐かしい筑豊の風景とだぶって見えた。

街を見渡す丘の上で小さな瓶のコカコーラ旨し。
再び歩いて戻る途中の路上でタコスとコーラ。街の中心部(セントロ)では独立祭の準備。
ビールを買って帰ろうとするが、スーパーでは6本セットの販売しかなく手に入らない。アル中防止策か。
ようやく酒屋を見つけロング缶を買い求め16:00ホテルに戻りシャワーを浴び(シャワーはHが水Cがお湯だった)昼寝。19:30まで熟睡。
夕食のため街に出るがどこも早々に店じまい。小雨の中ホテル近くのタコス屋のカウンターでタコスをつまみにビール2缶呑みながらカタコトの会話。
首まわりは真っ赤でヒリヒリ、薬局で日焼け止めクリームを買った。
地球の歩き方は必要なところだけ残して捨てると60ページ程しか残らなかった。


8/31 Chihuahua 晴れ 7本


8:00市場内で朝食。メヌードという内臓肉の煮込み専門店で旨かったが量が多い。chico(小)にすれば良かった。

 8:30に床屋が開いたので、中学2年以来のほぼ丸坊主に。
言葉が通じないので、若い床屋さんの髪型と同じにしてもらうしかなかったのだ。すべてバリカンの職人さんカットで、終わって初めて鏡を見たら、ただの47歳のオヤジの顔がそこにあった。

洗髪もなく、白髪隠しか薄毛隠しか、なんだか黒いものを塗られたようで、頭がかゆく、掻くと爪の間が黒くなった。
でもメキシカンカットになってまんざらでもない気分。長髪で前髪垂らしている大人はここにはいない。

明朝、列車に乗るのでツーリストインフォメーションで、駅へのバス停を尋ねるが、タクシーを使えと言われた。まぁそれが間違いないだろう。
市庁舎前のバス停から、一番遠くまで廻るルートのバスを探し乗り込む。
後ろの席に座った女子高校生?ふたりが珍しそうに声を掛けてきた。いいかげんな英語でいいかげんな会話。


一時間以上かけてバスはチワワの街をひとまわり。この街は山に囲まれた盆地だった。
窓から貨車と蒸気機関車が見えたので下車するとそこは刑務所。見張塔には古い弾痕が無数にあった。
列車が見えたのは、そこが明日の朝に乗る長距離列車の駅だったためで、がらんとした駅周辺には特有のうらびれた風が吹いていていい感じ。
昨日ゆるい靴ひもで歩いたせいか、踵に水が溜まってしまい少々痛い。街はそれほど遠くはないがバスで戻り、昨日の酒屋でロング缶。シャワーを浴びて昼寝。


フロントで明朝のタクシーを頼み、18:00銀行へ行くと長い列。明日は土曜日なのだ。ようやく順番がきたのにATMがうまく動かない。後ろの列の視線が 痛い。次に待っている女性に手伝ってもらうがどうしてもダメで、あきらめて別の銀行へ行くと問題なく引き出せた。
東京へ電話しようと思うのだが、公衆電話はカード式でそのカードをどこで買うのか分からない、あちこちで尋ね漸く買ったカードは、携帯のプリペードカードだった。仕方なくホテルのフロントの女の子にプレゼント。
19:30頃から街のあちこちでイベントが始まり、ロックのステージや噴水のライトアップなど美しい夕暮れ。


あまり食欲はないが、明朝早いのでホテル近くの昨夜満員で入れなかったタコス屋へ入る。
しかしここにはビールがなかった。当てずっぽうで頼んだメニューは、肉とタマネギだらけのピザで仕方なくコーラで流し込む。
どこででも酒の呑める日本はありがたいな。



selected entries

categories

archives

links

profile

書いた記事数:14 最後に更新した日:2020/01/31

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM

PR